キャッシングといえば

キャッシングといえばクレジットカードの事を思い出しますか?それともカードローンの事を連想しますか?もともとキャッシングという言葉は個人向けの小口融資で返済方法が一括返済であるものを指していました。しかし最近ではキャッシングというのは「借金」という意味合いで使われることが多くなってきています。現にキャッシングローンなどという言葉もあります。直訳すれば一括返済分割返済ということになりますね。変な日本語になってしまいます。ですからキャッシングというのは「借金」という意味でいいと思います。クレジットカードのキャッシングも借金ですし、カードローンも借金です。借金といえば響きが悪いのですが、これをキャッシングというカタカナにしてしまうと意外とイメージが悪くなかったりするんですね。そういうことも手伝ってか、最近ではクレジットカードのキャッシングやカードローンを利用する人が増えています。もちろん不景気も影響しているでしょう。急にリストラにあってしまったり会社が倒産してしまった人たちにとって、無担保でお金を貸してくれる所があれば風俗嬢のキャッシングとても助かります。再就職までの間の生活費をカードローンで賄っていたという人は沢山いるようです。